食品ロス・フードロスに挑む

日本の年間『食品廃棄物は1,561万トン』、その中で本来食べられるのに捨てられる食品『食品ロスは643万トン』(2019年4月農林水産省公表)

これは、国民一人あたり約50kgの食料を捨てていることになります。世界では9人の1人(8億人以上)が十分な食料を食べられず栄養不足で苦しんでいますので、食品ロスをなくすために、株式会社インフィニティラボもこの社会課題に挑んでいく事業サービス展開や情報発信ができればと考えています。

食情報の発信をしている『食ZENラボ』サイトでは、以下のコラムを公開しています。

■お肉をたべる-お肉の栄養、部位図鑑とフードロスの減らし方まで- https://shokuzenlab.com/colum_nutrition_health_dietary-education-eat-meat/

― ご家庭の食生活でフードロスを減らす観点は、

『計画的な調理』、『食品のしたごしらえ』、『食べ残し部分の冷凍保存』、『再利用』、『買い物は少量買い(お徳用で大量買いをしない)』、『販売期限の近い食品から購入』、『防災用や保存食は定期的な期限チェックと利用』

などが食品ロスを減らす方法として大切です ―

賞味期限の近い商品と消費者をマッチングする事業を展開する企業や、コロナ禍で消費仕切れない農作物や産地食材をECチャネルでつなげる動き、買いすぎや贈答品等で家庭で余っている食べ物を学校や施設に持ち寄り、地域の福祉団体やフードバンクなどに寄贈するフードドライブ活動まで様々な動きが出てきています。

生産側、流通、消費側までそれぞれの立場で、これまで以上に知恵を出し合いながら、そして連携しながら、フードロスの社会課題に挑むことが大切かと思います。(株)インフィニティラボも、食情報を発信していくメディアとして、挑んでいきたいと考えています。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP