『シークヮーサーの効能』健康長寿食研究

シークヮーサー[和名:ヒラミレモン]は、柑橘系の原種で沖縄県北部地域に昔から親しまれてきました。古くは不老長寿の薬とされたタチバナとシークヮーサーが日本に原生していたと文献に記されています。

名前の由来は沖縄の方言で「シー(酸っぱい)」、「クヮーサー(食べさせる)」の意味があります。食欲のない時に食べさせる果物であり、健康長寿の秘訣であると言える食材の一つです。
健康長寿村として有名な「大宜味村」が一大生産地で、日常的にシークヮーサーを取り入れられています。

果実の中で、果実そのものの機能性に関して特許が出された稀有な食材としても注目されているシークヮーサー。その魅力と栄養価・効能、そして摂取方法などは以下のコラムをご参考ください。

コラム内の内容は、シークヮーサーの概要、生産量、生産地、旬の季節、栄養と効能、シークヮーサー摂取がおすすめの方、摂取方法・食べ方まで、シークヮーサーの魅力がまとまったコラムとなっています。

■『食ZENラボシークヮーサーの魅力と栄養・効能 https://shokuzenlab.com/column_foods_shekwasha-effect/

最新研究では、食材の中でも断トツに含まれるノビレチンが、血糖値の上昇や高血圧を抑える効果、がん抑制効果、認知症・アルツハイマー予防になる研究効果の発表がぞくぞくとされています。その他のクエン酸、ビタミン、タンゲレチン、ヘスペリジンなど栄養素が含まれるているため健康食品として期待されている長寿健康食ではないでしょうか。

最近の記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP